認知症はアルギニンで予防できる?

トップページ > 認知症はアルギニンで予防できる?

認知症はアルギニンで予防できる?

年々、日本で認知症の人が増えてきているといわれています。実はこの認知症はアルギニンを摂取することで予防が期待できるといわれています。

 

どうして、認知症の予防として期待できるのかというと、糖化抑制作用がアルギニンにはあるからです。

 

つまり、糖尿病の予防をしていくことも可能ということになるのですが、糖尿病と認知症は関係ないのではないかと思った人もいるでしょう。ですが、実際に認知症になった人というのは、糖尿病にかかってしまっている人が多いといわれています。

 

糖化をしてしまったことによって糖尿病になってしまうということが多いのですが、この糖化によってアルツハイマー型認知症を誘発してしまっているのではないかという説があります。ですから、その糖化を防ぐために、アルギニンが注目されてきているのです。

 

アルギニンを摂取することによって、高血圧症や動脈硬化の予防も期待することができるとされています。ですから、生活習慣病対策をしたいと考えている人にもオススメの栄養素となっています。

 

アルギニンを取り入れると、一酸化窒素が血管内で作られやすくなり、血行が良くなったり、血管を広げやすくしていくことm可能です。

 

アルギニンを食事から取り入れたいのであれば、ナッツ類や肉にたくさん含まれていますから、積極的に食べるようにしましょう。